新着情報

四万たむら温泉今昔小話

室町時代、山城として名高い岩櫃城に仕える田村甚五郎清政が、
敵勢から逃れるため四万山中にとどまりました。
そこで湧出する温泉し湯宿を始めたのが四万温泉の始まりと言われています。
以来、多くの文化人などの逗留宿として親しまれ、
「温泉三昧の宿四万たむら」として観光のお客様にも愛されております。
お問い合わせは当社までお願いいたします。

トップに戻る